こーじの思考トレセン

山瀬功治
4

概要

山瀬功治の「考え方(思考)」を発信。幼少期から現在に至るまで、彼がどのようなことを考え、行動に移してきたのか、について語ります。

はじめに

挿絵

21年目のシーズンを迎える山瀬功治。Jリーグ通算試合出場数は500を超え、20年連続で積み上げてきたゴール数は90。節目となる100ゴールも間近に迫る。40歳を目前に控え、いまだ衰える気配すらしない。むしろ年齢を重ねるごとに技術に磨きがかかり、数多くの経験が加味され、サッカー選手としての円熟味を感じさせる。

しかしながら彼のように、長期間にわたってプロフェッショナルな環境で生きながらえることは非常に難しい。サッカークラブの増加によって選手寿命が大幅に改善されたとはいえ、若くて才能のある選手たちが毎年のように全国各クラブに加入していることを考えれば、誰もがそうやすやすとクラブとの契約を勝ち獲れるわけではない。一定水準のプレーレベルか、それ以上の、若手をしのぐクオリティをシーズンを通して安定的に披露することができなければピッチに立つことができない厳しい世界。山瀬功治は今、偉業ともいえる日々を送っているのである。

ではなぜ彼は活躍し続けることができるのか。「持って生まれた才能があるから」という見方を一蹴する彼は、日々どのような考えで、どのように行動し、振り返り、明日の行動に生かしているのだろうか。このオンラインサロンでは、彼の今を形作っている「思考」をつぶさに公開していく。山瀬功治の、個別具体的な言動の背後にある、思考や意思決定の理由が言葉によって明らかにされることで、読者の皆さまにとって有益なコンテンツになるのではないかと考えています。

サッカーをしている人だけではなく、社会人として仕事をしている人や学校で勉強している人にとっても、現状の課題、悩み、心配事を乗り越え、少しでもいい結果を導き出すヒントが得られるかもしれません。いずれにしても山瀬本人が、「40年近く生きてきて、十数年プロサッカー選手をやってきて培われた経験や知見を自分の内にとどめておくだけではなく、広く一般に公開することで、僕も社会に貢献できるんじゃないか」と語るように、このオンラインサロンが、読者の皆さまの課題解決の一助になれば幸いです。

サブテーマ

考え方を以下6つのサブテーマに分けて丁寧に解説していきます。

1.自己分析
2.時間管理
3.マーケティング
4.解釈力
5.目標設定
6.習慣化

サロンオーナー

  • ユーザー画像
    経歴 ユース
    - 札幌SSSジュニア
    - 札幌SSSジュニアユース
    1997-1999 北海高校

    クラブ
    1999 コンサドーレ札幌(強化指定選手)
    2000-2002 コンサドーレ札幌
    2003-2004 浦和レッズ
    2005-2010 横浜F・マリノス
    2011-2012 川崎フロンターレ
    2013-2016 京都サンガF.C.
    2017-2018 アビスパ福岡
    2019- 愛媛FC

    代表
    2006-2010 日本
  • 学生料金プラン

    500円 /1ヶ月
    ※表示価格は税込み価格です。
    ※25歳までの学生の会員様が対象です。
    ※毎月入会日に自動的に決済されます。
  • 一般料金プラン

    1000円 /1ヶ月
    ※表示価格は税込み価格です。
    ※毎月入会日に自動的に決済されます。
arrow
PAGE TOP